クライミング

TOJOファミリー

W900 OF 海水水槽の立ち上げ時にパイロットフィッシュとして投入されたユビワサンゴヤドカリくん。任務を全うした彼は、肩で風きって巡回しており シッタカやマガキガイやイソギンチャクに対するオラオラ行為は見ているギャラリーも心配させるほどですが、僕の目には我が道を突き進む姿があばれはっちゃく(年齢層限定?)のようにわんぱくで頼もしく時にはおっちょこちょいで目が離せない存在となっていました。今度は場所をW600 OF 水槽へ移し1週間程たったころ 相変わらずオラオラ行為続けながらも、水槽の角のコーキング部分から登り始めてしまいました。体をいっぱいに伸ばし重い殻を背負い爪を引っ掛けて登って行きます。丁度真ん中辺りで落下してしまいましたがまた登り始めます。そしてまた同じところで落下、またまた登り始めました。今度はいつも落下する箇所を見事クリアしさらに登って行きます。そしていよいよ頂上到達 脱走成功か!と思ったところ給餌フロートのキスゴムをよじ登りしばし休憩、彼の諦めないチャレンジを目の当たりにし一人感動に浸ってしまいました。自分も上手くいかないことがあってもチャレンジを繰り返すことで出来ない事もクリアできるようになるんだとちっちゃなヤドカリくんに教えてもらいました。何だか勇気が湧いてきたぞー‼︎

その後の彼は案の定落下しそそくさと岩陰に入り込みました・・・

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。