ゆーぴてるびゅう 武藤様へ

TOJOファミリー

早速ですが「ゆーぴてるびゅう」の武藤代表より問い合わせがありました。Tojo Media恐るべし。

 

個別でメールに返信しようとは思いましたが、ファミリー全体にも重要な内容だったんで、こちらに投稿する事にしました。

で、質問ですが「サンゴのレプリカをつくれませんか?」との内容です。ワシントン条約の規制がありますからねぇ。

結論から言いますと

 

作れます!

っていうか作った事あります。震災時、中々流通が無く友人から頼まれて作ったんです。学生時代、岩石の研究室にいたので、色々な骨材などの知識もあったんで…まぁ、問題無く使用はできました。

ただ、僕はやるからには自然の物を使いたいという理由で使う事はありませんでしたが。

ただ、レプリカにはレプリカの良いとこあるんですよね。自分の理想的なレイアウトの形に作れるとかね。大掛かりな物でも2〜3分割位に作って、いつでも同じ様に配置可能となるし。

それに今の規制の問題から、やはり取り組まなくてはならない案件なんでしょうね。問題となるのは、どの様に制作販売するかですよね。僕が受注するのか?あるいはファミリーのみなさんに僕がレクチャーするのか?これは是非みなさんの意見を聞いてみたいものです。

是非ご協力下さい。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. 武藤憲生

    坂本さん、早速ありがとうございます。
    欲しいのは手のひらサイズ程度のヤギ(赤・青)と拳程度のイボヤギとキクメイシです。
    最低でも使い勝手の良いヤギ(青)は欲しいです。
    作るとなると個人が作成してファミリーに斡旋するか、本部が作成してファミリーに斡旋するか、欲しいファミリーを募って費用を出し合うか
    以上のいずれかだと思います。
    問題は単価だと思います。
    それもロット数で左右されると思うのでまずは総数がどの程度になるか試算してからでしょうか?
    ちなみにヤギは5年程前に本部が扱っていたモノがありまして、明らかに偽物なのですが形が繊細で色味も鮮やかで好評でした。