水槽サイズとヒーターの選び方

TOJOストアー

TOJOストアー(トースト)の東城久幸です。

今回はヒーターのことについてご説明したいと思います。

 

アクアリウムにおいてヒーターは必ず必要なアイテムです。

しかしその用途を知らない方が多いように思えます。今更聞けないヒーターの事柄を説明いたします。

※紹介しています商品は文章下のTOJO STOREでそのまま購入画面に入れます。

【ヒーターはどこのメーカーがいいの!?】

大変良くある質問は、「ヒーターはどこのメーカーを選べばよいのでしょうか?」です。
私の答えは「どこのメーカーでも構いません!」最近ではヒーター自体がお洒落な物やインテリア感覚の物が発売されています。

特に最近小さい水槽用にとても可愛いヒーターを目にします。

私は昔からプロとしてニッソー・コトブキ・ジェックス・エバリス社のヒーターを愛用してきました。それらはどれもお勧めです。しかし実際私が使用しないものでも最近の物は性能も良く安全性も高くなりました。

昔みたいによく故障したり、出火するものは見当たりません。特に統一規格SPマークの付くものは安全の証になっています。
SPマークでは、空気中で空焚きした時の表面温度が400℃以下であることが義務づけられています。その意味合いはヒーター本体が空気中に露出した状態で加熱しても発火に繋がらないと言うことです。(この場合燃えるものは紙を目安としています)

【ヒーターの種類】

ヒーターは大まかに分けて2つの種類が存在します。
① 一つは定温型オートヒーター(センサー内臓式)
② もう一つはセンサー(水温調整)付きヒーターです。

※センサーとヒーターが一体化していながらダイヤル調整できるものもあります。

① の定温型は通常小型水槽に使用され熱帯魚用は26℃程度、金魚、メダカ用は18℃程度に設定されています。センサーの余計なコードがない為小さな水槽内がすっきりします。
② の温度設定ができるタイプではヒーターだけの通電状態では水が沸騰するまで温め続けます。センサーがあることで水が設定温度を上回った時点で通電が遮断される仕組みになっています。くれぐれもセンサー機能がないヒーターを直接コンセントに刺さないこと!
センサーはダイヤル式かデジタル式の二通り存在します。そしてセンサーとヒーターのコードが繋がっているものと、電源タップで分離できるものとに分かれます。センサー側に電源の差込口が複数あるものも存在します。(便利です)
注)ヒーターは水を温める効果だけであり、冷やす効果はないので、水槽の周り(部屋)の室温が水槽内の設定温度を2度以上上回ることで(水温は室温-1~-2℃)ヒーターの設定温度を上回ります。つまりヒーターを25℃に設定しても室温が28℃になっていれば水は27℃位になってしまいます。
☆外部式フィルターを使用する水槽内をすっきり見せたい場合外部式フィルターのホースに接続するヒーターもあります。しかしデメリットとしては交換しずらい点が指摘されます。

【水量に対してのワット数と気になる電気料金】

水槽用ヒーターにかかる一日の電気代は、ヒーターの消費電力(ワット数)÷1000×稼働時間×1kWhあたりの料金(27円)で計算します。※2023年春時点。

電気の基本料金を27円とし、90cm水槽に適した300ワットのヒーターを1日に7時間通電した場合、300(ワット)÷1000×7(時間)×27(円)=56.7(円/日)となりますので月額では56.円に30日をかけると約1701円となります。

基本料金は地域によって差がありますので、お住いの電気会社の基本料金を確認して計算しましょう。

※2023年4月より電力値上げが見込まれます。(値上げ率未定)

※一日のヒーター稼働時間は室温次第で変わります。エアコンの設定で調整することで電気代節約にもつながります。

最低限度水量と水温、室温の差を考えワット数とヒーターの本数を考えてください。と言ってもここが一番分かりにくいところですね。

ネットで検索すると熱帯魚ショップの方や知識のある方が独自の考えのもと水量でワット数を伝えています。またヒーターのパッケージにも水量の目安が表示されています。初心者の方には大変参考になります。
これらの表示のほとんどは不正解ではありませんが逆に正しくもありません。なぜなら水槽のサイズ(水量)だけでなくその周りの環境次第でヒーターの必要なワット数も変わります。外気温がマイナスになるような場合は要注意です。

☆東城久幸流の目安では以下の数字となります

❖ 30㎝前後の小型水槽(水量約18ℓ)で50W~80W
❖ 45㎝前後の小型水槽(水量約35ℓ)で80W~100W
❖ 60㎝水槽(水量約57ℓ)で150W
❖ 90㎝水槽(水量約150ℓ)で300W~500W
❖ 120㎝水槽(水量約200ℓ)で600W

※ 90㎝を超える水槽内(濾過槽内)にはヒーターは2本入れることでより安全になります。
※ 200ℓを超える水槽には500Wを追加していきます。
※ 淡水より海水の方がよりパワーを必要とします。
※ ヒーター作動時はブレーカーが落ちないかを確認してください。また企業、施設などでは夜間電気を通電しないところも存在しますのでくれぐれも注意しましょう。

【電気代を節約するためにワット数を下げてはいけない理由】

水量に対し的確なワット数でない(低いワット数)ヒーターを使用した場合、ヒーターは設定温度にするためがんばって稼働し続けます。そしてそれでも設定温度に至らない場合通電したままの状態が長く続くことによりほとんどの場合故障してしまいます。その結果とうぜん水が冷たくなり魚達に悪影響を及ぼします。また仮に故障しなくても通電時間が長くかかることで電気料金は逆に高くなることもあります。

【ヒーターの使用は冬場だけとは限らない!】

ヒーターは冬場の水温低下を防ぐためだけのアイテムと考える人が大半だと思います。実はヒーターは夏場ほど利用価値が高いのです!?
夏場、特にエアコンの風が直接当たるところにある水槽の水は極端に水温が下がります。そしてエアコンが止まる夜は逆に水温が急上昇します。この「温度差」が魚達にストレスを与えてしまうのです。そのため夏場のヒーターは水槽用クーラーが付いていない限りヒーターの設定を25℃くらいにしてエアコンによる冷やしすぎを防止します。
このようにヒーターの設定温度は都度変えることがあるためオートヒーターではなくダイヤル式の方が便利なのです。

【適切な水温とは?】

ヒーターによる適切な水温はとうぜん水槽内で泳ぐ魚の性質で決めていきます。大切なことは一般的に伝えられている常識(熱帯魚26~28℃・海水魚25℃前後)ではなく毎日ご自分の魚を観察して、その魚が一番心地よいと思われる水温を見つけ出してください。フードの食べ方や泳ぎ方、呼吸の速さなどで魚の気持ちが必ず見えてきます。その都度1~2℃程度ダイヤルを動かしてみましょう。(一度に変えるメモリは1度以内に!)
注) 時には厄介な病原菌(白点病菌等)が喜ぶ水温も存在します!(23℃前後)
※ 夏場と冬場を無理に同じ水温にする必要はありません!
※ 水をこまめに交換して奇麗な水をキープすることで白点病は防げます!

【ヒーターは横向き縦向きどちらが正解?】

ヒーターは今まで横向きに設置することが常識とされてきましたが最近では温められた水の通り道をヒーター内に作り横でも縦でも問題なく設置できるものも出ています。ヒーターを設置する場所はオーバーフローの濾過槽内か、水槽内の下の方(底砂に触れない程度)水流があるところが理想です。
※ヒーターで温められた水が同じところに停滞しない工夫をしてください。

※ヒーターを縦に設置する場合水からヒーターが露出しないようにしてください。

【ヒーターのキスゴムに注意!】

ヒーターに限らず水槽内に設置するキスゴムは年月とともに劣化していきます。劣化して硬くなったキスゴムは水槽に張り付かなくなることでヒーターの露出に繋がり危険です。さらに劣化した部分が刃物のようになります。キスゴムは予備の物を必ず用意して、劣化したと思った時に交換しましょう。

【ヒーターの魚への問題点】

水槽内に露出したヒーターは魚の火傷を引き起こす原因になります。魚達も夜は寝ます。ヒーターに寄り添ってしまうこともあります。そのような事故を起こさないためにもヒーターカバーは必要です。しかしこのヒーターカバー内やヒーターカバーと水槽の隙間に入り込んで身動きできなくなる魚もいるので注意が必要です。特にコリドラスはその骨格が硬いためよくその様な事故が発生するので注意してください。

【オーバーフロー水槽の場合ヒーターはどこに入れるの?】

オーバーフロー水槽の場合基本的には水槽下の濾過槽内に入れます。オーバーフローの濾過槽は塩ビやアクリルでできている場合が多い為ヒーターは塩ビやアクリル面に直接触らないように設置しましょう。
ヒーターが直接触れることで塩ビやアクリルなどは解けたり変形したりして大変危険です。

【ヒーターは予備の物を入れた方がいい理由】

ヒーターはなるべく2本以上入れておきましょう。特に90㎝を超える中型から大型水槽や室温が低い場合や野外に設置する場合よりパワーの高いヒーターとその本数が多く必要になります。
ヒーターを2本入れる場合、温度設定は一つのヒーターをメインと考え適正水温に合わせます。もう1本は予備と考えメインのヒーターが故障した場合に魚の対応できる温度に設定しておきましょう。
※2本のヒーターで同時に温めるものではありません。

【150Wを2本入れても300W 1本に勝てない!】

ヒーターはその水槽の水量でワット数を決めますが、低いワット数のヒーターをたくさん入れるより多少パワーのあるヒーターを入れることをお勧めします。

 

お勧め60㎝用ヒーター   ☆画像をクリックしてそのままご購入できます。


GEX NEW セーフカバー ヒートナビ160 〜60cm水槽用 縦設置可能 ヒーター、サーモ一体型 関東当日便


GEX NEW セーフカバー ヒートナビ80 〜26L水槽用 縦設置可能 ヒーター、サーモ一体型 関東当日便


【全国送料無料】【在庫有り!!】GEX NEWセーフカバーヒートナビ220 (新ロット新パッケージ)


GEX NEW セーフカバー ヒートナビ120 〜48L水槽用 SHマーク対応 縦設置可能 ヒーター、サーモ一体型 関東当日便


コトブキ工芸 セーフティヒーターSP 160W 交換用ヒーター 〜60cm水槽用 縦設置可能【HLS_DU】 関東当日便


【全国送料無料】【在庫有り!!】GEX NEWセーフカバーヒートナビ120 (新ロット新パッケージ)

お勧め60㎝以上120㎝未満200Wヒーター TOJO STORE ☆画僧をクリックしてそのままご購入できます。


エヴァリス プリセットオートヒーター AR200W オートヒーター 60cm水槽 アクアリウム【HLS_DU】 関東当日便


NEWA サーモオートヒーター 200W 26℃固定 90cm水槽以下用 通電確認機能付き【HLS_DU】 関東当日便


コトブキ セーフティオートMD 200W 『サーモ+ヒーター一体型 アクアリウム 保温 100L』


コトブキ セーフティオートMD 200W 『サーモ+ヒーター一体型 アクアリウム 保温 100L』


テトラ ミニヒーター コントロール 200W 60cm水槽 100L以下 保温 安全カバー付 サーモスタット+ヒーター一体型 安全機能付 アクアリウム【HLS_DU】 関東当日便


テトラ 26℃ミニヒーター 200W 安全カバー付 60cm水槽 100L以下 保温 サーモスタット+ヒーター一体型 安全機能付 アクアリウム【HLS_DU】 関東当日便


テトラ ミニヒーターコントロール 200W 100L(75cm)以下水槽用・温度可変式ヒーター 【熱帯魚・アクアリウム/保温器具/ヒーター・サーモスタット一体型】


【1年品質保証】水槽ヒーター 100W 200W防爆 水槽 加熱 水温管理 省エネ ミニ 水槽用ヒーター 過熱保護 耐熱性 耐食性 温度調節可能 ヒーター 観賞魚用 熱帯魚ミニ 淡水海水両用


ZMS ミニ水槽 ヒーター 小型 50W-200W 自動恒温加熱 LEDディスプレー 20-34°C温度調節 水槽用ヒーター 水槽の装飾 熱帯魚 観賞魚 水中式 過熱保護 (200W) 黒


OsAtNb 水槽 ヒーター 水槽 サーモスタット 水槽用ヒーター 水中ヒーター アクアリウム ヒーター 熱帯魚/観賞魚/亀用ヒーター 3CM低水位加熱 インテリジェント恒温 デジタル温度表示付 温度調整 急速加熱 多重安全機能 過熱保護 防爆 安全加熱 吸盤式 海水淡水両用 200W


ミニ水槽 ヒーター 小型 50W-200W 自動恒温加熱 LEDディスプレー 20-34°C温度調節 水槽用ヒーター 水槽の装飾 熱帯魚 観賞魚 水中式 過熱保護 (200W)


ZMS 水槽 ヒーター アクアリウム 温度調節 ミニヒーター 安全加熱 防爆 水槽用ヒーター 50W-300W 淡水海水両用 熱帯魚 観賞魚 省エネ (200W) ブラック


zms 水槽 ヒーター アクアリウム 温度調節 ミニヒーター 安全加熱 防爆 水槽用ヒーター 50w-300w 淡水海水両用 熱帯魚 観賞魚 省エネ (200w) ブラック


ShiawaseforU 水槽用ヒーター LEDデジタル 20-34℃ オートヒーター 淡水海水両用 魚 亀 水中式 日本語取扱説明書付き (200w)


ZMS ミニ水槽 ヒーター 小型 25W-200W 自動恒温加熱 LEDディスプレー 20-34°C温度調節 水槽用ヒーター 水槽の装飾 熱帯魚 観賞魚 水中式 過熱保護 (100W) 黒


ZMS ミニ水槽 ヒーター 小型 25W-200W 自動恒温加熱 LEDディスプレー 20-34°C温度調節 水槽用ヒーター 水槽の装飾 熱帯魚 観賞魚 水中式 過熱保護 (100W) 黒


水中水槽加熱ロッド、家庭用水族館ヒーター防爆プラスチックシェル1200W


ニッソー プロテクトプラス R-300W ヒーター+サーモスタッド ~150L以下水槽用 沖縄別途送料【HLS_DU】 関東当日便


【新商品】 『ニッソー シーパレックス V-600 デジタル 』と『 ニッソー プロテクトヒーター R-300W ヒーターカバー付×2本 』のセット 保温器具 水槽用 サーモスタット ヒーター

お勧め90㎝用300Wヒーター TOJO STORE  ☆画像をクリックしてそのままご購入できます。


クアフォード インラインヒーター ILH‐300JP 300W 水槽 アクアリウム 沖縄別途送料【HLS_DU】 関東当日便

ニッソー プロテクトICオート R-300W サーモスタッド一体型 ~150L以下水槽用 沖縄別途送料 アクアリウム ヒーター【HLS_DU】 関東当日便


ニッソー プロテクトプラス R-300W ヒーターサーモセット ヒーター交換可能 保温器具 NHS-080 水槽用 水槽 ヒーター


ニッソー プロテクトICオート R-300Wヒーター・サーモスタット一体型送料無料 但、一部地域除 2点目より700円引


ニッソー プロテクトプラス R-300Wヒーター+サーモスタットセット送料無料 但、一部地域除 2点目より700円引


ニッソー プロテクトプラス R−300W ヒーター+サーモスタッド 〜150L以下水槽用 関東当日便



コトブキ工芸 セーフティヒートセットSP 300W 90cm水槽  関東当日便

 

お勧め120㎝用500Wヒーター  ☆画像をクリックkしてそのままご購入できます。


ニッソー プロテクトヒーター R-500W サーモスタット接続用 500Wヒータ (80)


【送料別】エヴァリス パワーヒーター TWP500 500Wヒーター(80)


交換用 ニッソー プロテクトヒーター R-500W ヒーターカバー付 サーモスタット接続用 水槽用ヒーター


ニッソー プロテクトヒーターR-500W ヒーターカバー付 サーモスタット接続用 水槽用ヒーター


1000W保温セット 500リットル以下水槽適合 サーモスタット+ヒーター


ニッソー『シーパレックスV-1000』と『ニッソー プロテクトヒーターR-500W×2本(ヒーターカバー付) サーモスタット接続用』のセット 保温器具 水槽用 ヒーター サーモスタット

 

#ヒーターの使い方
#ヒーターの選び方
#ヒーターのワット数
#水槽の大きさとヒーターのワット数
#お勧めのヒーター

#TOJOストアー

#トースト

#アクアリウムトースト

#300Wヒーターの使い方

 

東城 久幸

89,134 views

Aquarium TOJO Co., Ltd.代表取締役会長 アクアリウムセラピー®研究家 全国aquarium TOJO Familyグループ代表 一般社...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧