生き物と暮らすと言うこと・・・

ブログ

我が家は私と妻と2匹の猫で暮しています・・・

 

お互い結婚する際連れ子のごとく

1匹ずつの雌猫と私達が一緒に暮らすことになりました。

左の私がだっこしているのがバッキーです。(現在3歳半)

右の妻である東城幸恵がだっこしているのがお姉ちゃんのミュークもうすぐ10歳です。

妻とは大阪で7年も一緒に暮らしていたわけです・・・

ミュークとはフィンランドの言葉で暖かさや優しさ、穏やかさを表現する言葉のようです。

ミュークはその言葉通りとても穏やかな優しい性格です・・・

 

バッキーはと言うと、ミュークと出会った時に初めて自分も猫であることに気が付いたようでした・・・

私はねっからのネコ好きなので人見知りをするミュークを無理やり捕まえだっこします・・・

当然ミュークは嫌がり強烈な後ろ足のキックで逃げ出します・・・

その結果私の足の後ろふくらはぎに飛んでもないひっかき傷が付きました・・・

3年も経つのにまだ跡が残っています・・・

でも毎日愛情を注ぎ一緒に暮らしているうちミュークも私の存在を認めてくれるようになりました・・・

 

何となくネコと心が通じ合う感覚です・・・

妻とミュークは二人きりで7年間を共にしてきたわけなので・・・

本当に心が通っているように見えます・・・

 

いつでも妻のそばに居たがります・・・

 

妹のバッキーはまだまだとてもやんちゃで・・・

お姉ちゃんのシッポにじゃれたり、お姉ちゃんにいきなりパンチをしてみたり・・・

 

でもミュークお姉ちゃんは余り相手にしてくれません・・・

時々バッキーがしつこくすると、カーッ!と一発!・・・

 

その迫力にバッキーはいちもくさん・・・

毎日がとても平和で楽しくすごしていました・・・

そんなミュークに異変が起きたのは今から1年半前です・・・

 

いつも大好きだったご飯をあまり食べません・・・

どうしたの?・・・

さらに元気もなくなってきました・・・

 

近くにある動物病院へ連れて行くと、これは急性腎不全とリンパ腫の疑いが強いですねと言われ・・・

ミュークは緊急入院することになりました・・・

 

私達は退院の日を待ちどおしく毎晩動物病院の前に車で行き中にいるミュークに声をかけていました・・・

8日間の入院が終わりようやく又我が家にミュークは戻ってきました・・・

 

急性腎不全は治る病気です・・・

しかし厄介なのはリンパ腫です・・・

リンパ腫とは・・・

リンパ球が腫瘍かしたもの、つまりリンパの癌なのです・・・

それから2週間に一度程度(25週の抗がん治療)

ミュークは一番嫌いな動物病院へ通うことになりました・・・

腎不全とリンパ腫の戦いの始まりです・・・

 

自分で食事を取ることのできないミュークの体重は今まで4.6キロから2.4キロに急降下しました・・・

ミュークのトレードマークでもあった立派なヒゲは全て抜け落ち・・・

声も出せなくなりました・・・

命の限界です・・・

 

主治医からの支持で私達は毎日朝昼晩と3回のシリンジ(針の無い注射器)により強制給餌と1日1回の点滴注射をすることになりました・・・

猫の背中に針を刺して点滴をする?!・・・

そんなことできる訳ないでしょ・・・

 

やらなければ命が無い・・・

私は頑張ってみました・・・

自分の指に針を何度も刺しました・・・

 

当然ミュークはあばれ怒ります・・・

妻と押さえつけたり、高い処に乗せたり・・・

色々なことを試してみました・・・

そして私もだんだんと手慣れて行きました・・・

 

ミュークの体重を細かい処まででる体重計により1日3回測ります・・・

毎日毎日徐々に体重が上がるのが楽しみになってきました・・・

 

ヒゲも再びはえ、声も出る様になりました・・・

ミュークと私達は本当に辛い試練を乗り越えてきました・・・

 

しかし、喜ぶのもつかの間・・・

1年経った今年順調に上がっていた体重がまた下がり始めました・・・

 

1日1回の点滴は2回になり、そして3回になりました・・・

 

 

毎日仕事に追われ忙しい私ですが、妻が本当に一所懸命ミュークの世話をしてくれます・・・

 

 当然自分の家族以上の存在であるミュークには徹底的にできる限りのことをします・・・

そんな彼女の熱意に私は感動しました・・・

私も頑張り点滴を1日3回続けます・・・

朝、7時に始まり深夜2時に終わる・・・

そんなことの繰り返しでした・・・

 でもミュークは本当に頑張り屋さんです・・・

 

私の膝にだっこされながらも点滴を受け続けました・・・

 

今まで体の色合いが濃い茶色だったのに・・・

だんだん薄い色に変わってきました・・・

今では殆ど白色です・・・

 

目の病気であるブドウ膜炎・・・

膀胱炎もこの間幾度となく発症しました・・・

そして貧血も・・・

 

毎回動物病院では採血をします・・・

 

採血のデータがミュークの命を左右します・・・

その都度悪い結果を聞かされ・・・

それでも完治することを信じ私達は毎日毎日ミュークと向き合い頑張っています・・・

 

左後ろ足にできた腫瘍は右後ろ足にもでき、やがて前足にまで出てきました・・・

あるくたびに足を引きずり、その足跡には血痕・・・

 

 

そしてそれがオレンジからピンクに変わり、白いうみが出てきます・・・

 

白いうみは石灰の様に固いカサブタに変化していきます・・・

 

ミュークは段々と歩くこともできなくなってきました・・・

 

頑張れ!ミューク!

もう少しで10歳の誕生日だよ・・・

 

ミュークは2009年5月5日生まれです。

 

毎年5月5日にはミュークの誕生パーティーをしています・・・

 

♪ハッピーバースディ♪ミューク・・・ハッピーバースデイ、ミューク♪

ハッピバースディ、ディア、ミュークー・・・

ハッピーバースディーミュークー♪

 

毎年年賀状も4人で撮影・・・

 

次の年賀状も上手に撮りたいですね・・・

 

私は元々ネコに育てられてネコと一緒に成長してきました・・・

 

したがって猫が大好きです・・・

 

猫の気持ちも分かります・・・

 

それでも妻の生き物に対する情熱は私以上でした・・・

 

家族同様だから当たり前・・・

そう言う妻を私は尊敬します・・・

 

そして妻とネコから沢山の愛情を学びます・・・

私は62歳・・・

この歳になって初めて本当の愛情のすごさを魅せられました・・・

 

生き物と暮らすと言うことは・・・

一生その生き物を世話することです・・・

分かっていながら中々できないことですね・・・

ミュークは本日(深夜)2:09天国にたび立ちました・・・

ありがとう、ミューク、

 

本当にありがとう、

誕生日まではもう少しだったけど妻とハッピーバースディ、ミュークと何度も歌いました・・・

ミューク、これからも私達と一緒に楽しく遊ぼうね♪・・・

 

 

 

 

東城 久幸

7,495 views

株式会社アクア環境システムTOJO代表取締役会長 全国aquarium TOJO Familyグループ代表 日本観賞魚振興事業協同組合役員 aquarium...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. 堀尾恭

    ミュークさんの事はとても残念です。
    以前より奥様のブログで闘病の様子を拝見して、影ながら応援しておりました。
    最後まで一緒に家族に看取ってもらって、きっと幸せだったと思います。

  2. 東城 久幸東城 久幸

    堀尾さん ありがとうございます。
    私たちはこの悲しみを乗り越え全ての生き物を大切にする考えを多くの人に伝えていくことが使命と感じています。
    ミュークは天使になりましたがいつでも私たちと一緒にいてくれます。
    これからもミュークと一緒に残りの人生を楽しんで行きたいと思います。
    東城久幸、東城幸恵