50周年

TOJOファミリー

こんにちは。
静岡のAqua design Blue’Sの佐久間です。

先日、久しぶりに静岡市の
日本平動物園を見学して来ました。

この動物園は今年で開園50周年!
静岡市が管理する市営動物園です。

現在は、なんとドラゴンボールとコラボしたイベントを開催していて
園内にはドラゴンボールに登場してくるキャラクターと動物園の人気動物が
一緒に描かれたパネルや悟空による園内放送、オリジナルグッズの販売など、
普段とはちょっと違った雰囲気で盛り上がっています。

展示場にはドラゴンボールが隠されていたりw

古くから愛されているこの動物園ですが、老朽化した施設のリニューアル計画が
開始されたのが約10年程前。
2010年に新しい猛獣館の完成を皮切りに、色々な施設が建て替えられています。

ただこの計画もかなり大変なものだったそうで、当時の園長が資金調達の為に
各機関を奔走し、獣舎は何十年も新しい物が作られていないので
野生動物の施設を作るノウハウのある建設会社や設計事務所が近隣に全然ないという
状態だったそうです。

当時私はオープン前の猛獣舎を市議会議員の先生と園長と共に
一足先に見学をし、失礼ながら園長に施設運営における改善点について
ご意見させて頂きました。

施設が新しくなる事はもちろん素晴らしい事なのですが、
当時の動物園には正直活気があまりないと感じていたからです。

当初、「飼育係たちは人員的な問題から作業時間がなくて大変」という
あまりよいお返事は頂けませんでした。

ただ、私は飼育の仕事を現場で経験していたので現場の大変さというのは
痛いほど知っていましたし、実際に経験もしています。
私はいつも誰よりも早くに会社に出社して、帰るのはいつも最後の方でした。
通常の作業だけでもこのような状況でしたが、それでもイベントを企画して、
その準備もしていました。

また私は全国の動物施設を見てまわっていたので、お金をかけなくても、
人員が少なくても面白い試みをしている施設がたくさんある事も知っていました。

大切なのは、何かをしようという情熱だと思っていたので、
具体的な提案を色々とさせて頂いたんです。

この時の私の提案が直接採用されたわけではないと思うのですが、
現在の動物園では私の提案書に記載したアイデアが多くが行われています。

・年間パスポートの導入
・入場チケットのデザイン変更(1枚1枚違う動物のデザインにする)
・担当飼育係作成による情報看板の設置
・餌の時間における解説実施
・季節感を感じる展示・イベントの実施
・オリジナルグッズ・飲食物の充実
などなど。

どれも特別に変わった内容ではないのですが、以前は行われていない事でした。

飼育係の仕事は動物のお世話ではなくて、
動物の事を一人でも多くの方に知ってもらい
ファンを増やす事。

市の施設なので条例の問題などで柔軟に何かをするという事は
難しいですし、特に勤務時間については厳しいはず。
でも園内はまだまだ良くする事が出来るはずで、
私にはアイデアがまだ一杯思い浮かびます。

考えただけで
「オラ。ワクワクすっぞ!」

さらにたくさんの笑顔が溢れる施設になる為に、
これからどのような事が行われていくのかな~。

園内の動物紹介はまたの機会に。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。