ジブリ作品のモデルになった動物

Aqua Design Blue'S

こんにちは。
静岡のAqua design Blue’Sの佐久間です。

本日は水族館に行ったついでにぜひ寄って欲しいスポットの
ご紹介です。

まずはその水族館ですが、香川県の
「新屋島水族館」

紹介はまたいつかするとして、この水族館は
数少ないマナティの飼育をしている施設です。

水族館のある屋島という場所からは、
鬼が住んでいたという伝説から古くから「鬼ヶ島」と呼ばれている
女木島を見る事が出来ます。

そして眼下に広がるのは、有名な源氏と平家の合戦
「屋島の戦い」
が行われた場所。

源氏軍の那須与一が、平家軍が船上に差し出した扇を弓矢で射抜いたという、
とっても有名な合戦跡地です。

帰り道に通るドライブウェイには、
通称「屋島ミステリー坂」
と呼ばれているスポットがあったり。
ここは一見すると坂道なのに、
車のエンジンを切ってニュートラルに入れてみると
車が坂を上って行くという場所です。

他にも、近くに北海道の超人気番組
『水曜どうでしょう』
に度々登場した讃岐うどんの名店
「うどん本陣山田屋」
もあるので、そんな場所にもぜひ寄ってみて下さい。

そして、ぜひぜひ寄って欲しい場所というのが、
四国四十八ヵ所巡りの84番所の
「屋島寺」
です。

このお寺は、宮崎駿さんが監督を務めたスタジオジブリ作品
『平成狸合戦ぽんぽこ』
に登場して来る狸が祭られているんです。

この狸は、
「太三郎狸」
という名前で、
屋島の戦いで矢傷を負い死にかけていたところ、
平清盛に助けられた事から平家に守護を誓い、
平家滅亡後はこの地に住み着き屋島に災いが起きそうな時には
イチ早く住職に知らせていた事から、このお寺の守護神として
祭られているそうです。

この狸、変化術は日本一と呼ばれていた凄い方で、
タヌキ王国と言われている四国の狸たちの総大将だったと
言われています。

狸界のトップながらひとりの妻をとても大切にし、とても仲の良い夫婦だった事から、
・夫婦円満
・縁結び
・子宝
にご利益があるとされています。

佐渡島の「団三郎狸」
淡路島の「芝右衛門狸」
と共に
『日本三名狸』に
数えられ、数々の面白い逸話が残されています。

古くは空海(引法大師)がこの地を訪れた際に
深い霧により道に迷ってしまったのですが、
太三郎狸が老人に変化をして山上まで案内をしたと言われています。

空海に感銘を受けた太三郎狸は、狸の徳を高めるために
屋島に狸たちの学びの場「タヌキ大学」を授け、全国の狸たちに
勉学や変化術を教えていたんだとか。

一方空海は、いたずらを繰り返していた悪いキツネ達を四国から追い出し、
それが原因で四国はタヌキ王国になったと言われています。
空海はその際に
「瀬戸内海に鉄の橋が出来るまで、狐は決して四国に帰ってきてはならぬ」と
伝えたとされています。
本州と四国の間に鉄の橋がかかっている現在ですが、キツネ達は四国に帰る決心はついたのでしょうか?

また毎年、大寒になると四国中から300匹のタヌキ達が太三郎狸の元に集まり、
源平合戦の様子を変化で披露していたとも言われています。

他にも、日清戦争や日露戦争に太三郎狸がたくさんの子分たちと共に満州に出兵し、
大量の小豆を兵士に変化させ、日本軍を勝利に導いたなんて逸話も。

さて、映画「平成狸合戦ぽんぽこ」に
話しを戻すと、劇中でのストーリーは開発の進む多摩ニュータウンが話の舞台となっています。

この話しの最大のモデルとなっているのは、この屋島で行われた「源平合戦」と
徳島県で起きた、総勢1200匹もの狸たちが三日三晩争ったとされる
世界最大の狸合戦「阿波狸合戦」だと言われてます。

阿波狸合戦では、太三郎狸が仲介に入った事で合戦が終結したとも言われていますが、
劇中では、
・日本一の変化狸「太三郎狸」
・この合戦のリーダーの一人「金長狸」
・松山市に住む変化狸「隠神刑部」
の3匹が三長老として狸たちを指導し、『妖怪大作戦』を決行しています。
そして太三郎狸は、妖怪合戦の後には変化出来ないタヌキ達の教祖となり
狸たちを導いています。
これは「タヌキ大学」の学長になったという逸話がモデルです。

皮肉にもここ屋島も多摩ニュータウンと同じような境遇になっていて、
開発によりドライブウェイが開通した事により、この地からタヌキ達が
いなくなってしまったそうです。

同じ宮崎駿さんの作品、
「風の谷のナウシカ」
「もののけ姫」
そして
「平成狸合戦ぽんぽこ」
は、自然との共生というものを作品のテーマとしています。

特にこの作品は、子供たちにも非常にわかりやすく
生き物たちとの共生の仕方についてを考えさせてくれる素晴らしい作品です。

この映画のキャッチコピーは
「タヌキだってがんばっているんだよォ」

狸たちの面白おかしいエピソードを知った後に見るとさらに楽しめますので、
ぜひもう一度見てみて下さい。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。