水槽事故

TOJOファミリー

東城久幸です。

全国Aquarium TOJO Family Teamの皆様

お疲れ様です。12月に入り一段と寒さが増しています。ヒーターの安全確認は今一度お願いいたします。

特に寒い地方では必ずヒーターは2本以上設置してください。長年使用しているヒーターはいつか必ず突然壊れます。

【事故報告】

ファミリーの方から事故の報告を受けました。内容は水草水槽を設置している施設で誰かの故意のいたずらにて、CO2ボンベの弁を全開にされ、水槽内の魚約50匹が死んだとのことでした。

電話での報告で、その際familyさんは大変怒りをあらわにして話をされていました。途中から私が相づちを打たなくても話は止まりません・・・

私はお客様同様犯人への怒り以上に多くの魚が犠牲になったことを悲しみます。

そもそも水草を楽しむ水槽内に多く魚を入れる必要があるのでしょうか?

ファミリーさんは防犯カメラや今までの状況で犯人は特定しているようです。それでも確実な証拠はありません。

ファミリーさんが言うにはこの地域にはこのような頭のおかしい人が沢山いるとのこと・・・

ファミリーさんは今後CO2システムの入るキャビネットにカギをかけ厳重に管理すると言っていました。

鍵の種類にもよりますが、私は癒しを提供する物に鍵は似合わないと感じていますが、私自身今まで数十年イベントを含め日本全国各地域で水槽の管理を行ってきました。そして見えてきたことは常々皆様にお伝えしていると思います。

ヒーターはダイヤル式が良いこと、そしてそのダイヤルにはセロテープを付け子供さんのいたずらをできなくすること、あらゆる事故を想定した管理を徹底すること。

人を悪く言う前に自分でできる事、足りなかった事を考える癖を付けましょう。

皆様はどう思われますか?同じような体験がありましたらお聞かせ願います。匿名希望の方はその旨ご記載ください。

 

今朝我が家の供養碑の向きをその地方へ合わせ亡くなった魚たちを想い手を揃えました。

死んだ魚たちは丁重に土に帰してください。

Familyさんは今後CO2システムの入るキャビネットにカギをかけ厳重に管理すると言っていました。

以上ご報告と私の考えを述べてみました

 

 

東城 久幸

48,622 views

Aquarium TOJO Co., Ltd.代表取締役会長 アクアリウムセラピー®研究家 全国aquarium TOJO Familyグループ代表 一般社...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧