海のゆりかごを再生する

Aqua Design Blue'S

こんにちは!
静岡のAqua design Blue’Sの佐久間です。

先日、伊豆で海の環境問題に取り組む一般社団法人様に
アマモ水槽を設置して来ました!

こちらの団体とは
弊社がパートナー企業として賛同している
静岡県が設立した団体
「美しく豊かな静岡の海を未来につなぐ会」
で、志を同じくして活動している仲間です。

今回、海の保全・教育活動として減少しているアマモ場の
再生事業を行っており、そのPRの場とアマモの飼育・増殖の
試験の場として今回の水槽設置にいたりました。

アマモの群生地は「アマモ場」と呼ばれていて、幼魚などが集まる「海のゆりかご」としての
役割を果たし、微生物や甲殻類の住み家になります。
また、海を綺麗にする役割やジュゴンなど貴重な生物の餌場にもなります。

つまり、綺麗で豊かな海を形成する上でとても重要な役割を果たしているんです。

アマモの飼育は、水温・水流・光量・底砂・水質・一緒にいれる生体の種類など
維持管理が結構シビアで、水族館で展示していた水槽がいつの間が展示終了している事が
多々あります。

今回の水槽設置前に県内の水族館を視察しましたが、
残念ながら多くの水族館でアマモ水槽がなくなっていました。

今回も試行錯誤をしながら飼育を行う予定で、普段の管理は
設置先のみなさんが行ってくれる事にはなっていますが、
弊社も定期的に伺って状態確認やメンテナンスなどのサポートを続けていく予定でいます。

ピックアップ記事

関連記事一覧