GWの過ごし方

TOJOファミリー

みなさんこんにちは。

静岡で活動しております
Aqua design Blue’Sの佐久間です。

もうすくGW!
今年は10連休なんて会社も多いみたいですね!
みなさんのご予定は決まりましたか?

GWというと、飼育の仕事をしていた頃は
いつも超が付くほどに忙しかった思い出ばかりで
私は逆に出かけようという気にはなりません。

最初に勤めた施設では、
GW期間中は毎日朝7時過ぎに出勤をし、
帰りは夜の10時過ぎ。

帰路につく際、施設の入場口にはすでに
翌日の入場待ちのお客様の車が列をつくっていて
それを見ただけで疲れがさらに倍増するという
日々でしたwww

飼育の仕事は動物の世話をするから
お客様が多かろうが少なかろうが
関係ないように思われがちですが、
決してそんな事はありません。

特別イベントを開催したりするので
その企画に準備、そして対応という仕事が
あります。
さらにお客様の案内や餌の補充、安全確認などいつもよりも
仕事の量が増えるので
生き物たちの世話はいつもよりも早く済ませる必要すらあります。

GWに限らず、
飼育の仕事は生き物の相手が本業ではなくて、
実はお客様の対応こそが本業と言っても過言ではありません。

というのも、動物園や水族館になぜ生き物がいるのかと
いうと、お客様に見てもらう為にいるからです。
より多くの方に見てもらい、楽しんでもらい、
生き物の事を知ってもらう。
これが、仕事です。

有名な旭山動物園がⅤ字回復したのも、
飼育係たちが工夫をして、お客様と向き合った事が
成功の一つの要因です。

飼育係を夢見ている学生さんで、
「人との付き合いが苦手で・・・」
とか
「大好きな生き物の側でずっと仕事が出来るから・・・」
という理由で目指している人がたまにいますが、
正直、そーいう方は飼育の仕事にはあまり向いていません。

多くの生き物たちは野生から人間のエゴで連れて来ているの
だから、その生き物たちの魅力をより多くの人に伝えてあげて、
よりよい環境で飼育をしてあげる。
これが大切な事じゃないかな~と思います。

人と話す事が大好きな人!
本当はこんな人の方が飼育係に向いているのかもしれません。

余談ですが、近年水族館で
プロジェクションマッピングを使った演出をよく
見かけるようになりました。

エンターテインメントとしてお客様に楽しんでもらうという
意味では間違ってはいないと思うのですが、
その演出の仕方に少し首をかしげる事があります。

大水槽やショースタジアムのステージをスクリーンに
して映すのはいいのですが、演出が派手になり、映像がメインになりすぎて
そこにいる生き物たちが意味を成していない事があります。

魚やイルカよりも映像が目立ち、そちらにばかりに目が行く
(もしくは生き物が見えない)のでは、水族館としては
間違っている気がします。

そこをスクリーンにするのなら、ちゃんと生き物をメインに
見せてあげるべきです。
水族館の主役は、生き物たちですから。

さて、弊社のGWですが特にお休みはしません。

GW期間中はお休みという会社様のメンテナンスはもちろん
お休みとなりますが、サービス業の場合多くは
GW中も営業をしており、普段よりも
多くのお客様が来店される店舗もあります。

そんな時だからこそ、綺麗な水槽を維持して
あげたいですから。
もちろん緊急対応も行います。

お問い合わせも気にせずに
して下さいね~!

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。