水族館界のマルチプレイヤー

Aqua Design Blue'S

こんにちは。
静岡のAqua design Blue’Sの佐久間です。

連続投稿となりますが、さっそく表彰式の前に
行って来た水族館のお話を。

東京で水族館というとみなさんはどこを思い浮かべますか?

葛西臨海水族園?
サンシャイン水族館?
すみだ水族館?

では、品川にある水族館は?

多くの方はおそらく品川駅のすぐ近くの
アクアパーク品川を思い浮かべると思いますが、
品川の水族館と言えばとその名の通り
「しながわ水族館」
です!

アクアパークよりも早い1991年に
オープンした公営の水族館で、
場所は「しながわ区民公園」の一画にあります。

葛西と同じで公営の水族館ですが、
現在では指定管理者としてサンシャイン水族館の
運営会社が管理をしています。

この水族館、規模は中規模ですが、
良くも悪くも何でもあるというのが
私の印象です。

一つ一つの規模は小さくても
「これが見たい!」
というものは、
ここに来ればほとんどありますw

イルカショーにペンギン、大型のサメ、
クラゲ、トンネル水槽、アザラシ、
タッチング水槽、クリオネ、ピラルクー・・・

飛び抜けた特徴がないのが特徴ですwww

入館してすぐにあるのがこの大木。

よく見るとちょっとした仕掛けがいくつもあるのですが、
この大木は
「木は森を作り、森は川を作り、川は豊かな海を作る」
という自然の摂理がメッセージとして込められています。

川のエリアを抜けた場所に最初にあるのが、東京湾の水槽。

背景には大都市の港が描かれていて、地域性が出ています。

全部細かく紹介していくと、とても大変なので駆け足で。

こちらはアザラシ館。
アザラシ館にも水中トンネルがあります。

イルカスタジアムです。
イルカ的にも狭いのがイマイチなのですが、
この水族館では繁殖にも力を入れていて、現在は妊娠中の子がいるので
ショーは中止中(トレーニングとして公開中)
また、オスは繁殖の為に他の水族館に貸し出されています。
良い言い方をしたら、プールとの距離が近い臨場感のあるスタジアム。

クラゲエリアです。
水槽は4本あって、カラージェリー水槽は下にビー玉が敷き詰められていて綺麗!
他ではあまりやっていない見せ方です。

クラゲと一緒に写れる記念撮影スポット。

地球を模した水槽。
綺麗なのですが、中にいる魚はほとんど見えないという残念な結果・・・。

メイン水槽は水量500tのトンネル水槽。
トンネルが22mもあるなかなかの規模!
たまに撮影でも使われています。
ウミガメも泳いでいて、自分で操作できる水中カメラなんてものもあります。

形の違う水槽が並んでいます。

ピラルクー

シロワニ

オールラウンドなマルチプレイヤー
「しながわ水族館」

入館料も比較的リーズナブルですよ。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。