夏が終わりました。

Aqua Design Blue'S

こんにちは。
静岡で活動しています
Aqua design Blue’Sの佐久間です。

暑い夏が終わりましたね。
と言っても、まだまだ暑いので夏気分ですが。

今年の夏はお陰様でたくさんのお問い合わせを
頂きました。

レンタル水槽はもちろん、
購入した水槽の定期メンテナンスのお問い合わせ、
施設改築に伴うプロデュースのご相談、
スポットメンテナンス、
水槽購入やお魚のご相談、
イベントの依頼、
TV番組のお問い合わせなどなど・・・。

その中で、夏らしい依頼が
金魚の期間限定の展示。

駅直結型で、駅前再整備・街の活性化の
目玉として数年前に建てられたホテル様の
ロビーで、夏の期間限定で金魚の水槽を展示させて頂きました!

夏らしく、ヒマワリ(本物!)との共演です。

期間中はホテル前では様々なイベントが開催され、
ポケモンやコナンのショー、24時間テレビの募金活動、
TVやラジオの生放送、本田望結さんのトークショー、
併設カフェの新メニュー発表、
イギリスのガーデニングショーで6度も金賞を受賞した世界一の
庭園デザーナーが手掛けるガーデンスペースでの夕涼み会・・・。

各企業のパーティーや会議、
オリンピックに向けた代表選手の合宿、
静岡空港利用の航空会社のパイロットの宿泊・・・。

連日たくさんのお客さまで賑わっていました♪

外国人のお客様も多かったので、
水槽を通じて日本の夏を少しは感じて頂けたかな?と思います。

また、ホテルにはキティちゃんルームがあるので
お子様のお客様も多く、メンテナンスに行くと
水槽には手の跡がペタペタ。

子供が真剣に見てくれた証なので、
毎回嬉しく思いました!

そう言えば、
メンテナンスをしているとお客様から話かけられる事が
よくありますが、金魚の場合は他の魚の時とは会話の内容が
違うのが特徴です。

金魚というと夏の風物詩として金魚すくいを経験している方が
多く、家に持って帰って来て飼った事があるという方が
多く見受けられます。

そのため、金魚水槽の時の会話の多くは自宅の金魚についてです。
昔飼っていたとか、今飼っている金魚のお話しとか。

それだけ、 日本人にとっては馴染みのある魚なんですね!

でも、あまり知られていない事実を最後にご紹介します。

金魚って餌をとてもよく食べる魚という印象がありませんか?
水槽も汚しやすく、その分病気にもかかりやすいお魚です。

では、なぜよく食べるのでしょうか?

実は胃袋がないんです!
これ、びっくりしません?

餌は丸のみした後、喉の奥にある「咽頭歯」
と呼ばれる歯で砕かれて、腸で貯蔵されます。

水槽の底にたまに白いカスのような物が貯まっているのですが、
これは抜け落ちた咽頭歯なんだそうです。

一説には、金魚には胃袋がないので満腹感がないと言われています。
胃袋が無い分一度にたくさんの量は食べられないので、
食べては休んでまた食べてを繰り返しているそうです。
そして、餌は脂肪としてすぐに蓄積され、それでも消化しきれない分は
そのまま糞として出すので水槽をとても汚してしまうようです。

胃袋がない魚「無胃魚」は、
タチウオやトビウオ、ハゼ、コイなどもそうです。

身近なのに意外と知られていない事実、いかがでしたか?

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。