妖怪水族館?

Aqua Design Blue'S

みなさんこんにちは!
静岡のAqua design Blue’Sの佐久間です。

新型コロナウイルスの影響が色々と出て、みなさん大変かと思います。
もちろん我々の業界でも影響が出始めております。
世界的な危機ではありますが、今は辛抱の時!
これを乗り越えればきっと明るい未来があるはずなので、
みんなで頑張って乗り越えましょうね!
大変な時だからこそ、きっと新しい発見や新しい出会いもあるはずです。

さて、最近巷で話題となっている
『アマビエ』
というものをご存じでしょうか?

アマエビではありませんよ!?
ア・マ・ビ・エ!

かつて肥後の国(熊本県)に海中から現れた、
豊作と疫病の予言をしたと言われている妖怪です。

「疫病が流行したら、私の姿を描いて人々に早々に見せなさい」
と語ったと伝えられている事から、今SNSで話題になっています。

コロナウイルスが早く終息するようにとの願いを込めて、
多くのイラストレーターさんがこの妖怪を描きSNSで流しています。
なんと、厚生労働省の公式Twitterでもこの妖怪が使用されたほど。

妖怪なので姿は独特ではありますが、
今年のトレンド入りしそうな勢いで拡散されていますので
気になる方は一度検索をしてみて下さい。

さて、水族館なのに妖怪がたくさんいるという施設があるのでご紹介します。

それは、高知県の
「桂浜水族館」

規模としては小~中規模程度の比較的小さな施設なのですが、
ぶっ飛んだ企画が目白押しのある意味注目の施設です!

詳しい館内の様子はまた改めて紹介をするとして、
今回の話題の妖怪について。

この水族館では、館内の至るところで土佐地方の妖怪が
展示・紹介されています。

話題のアマビエは九州に出現した妖怪なので私が訪問した時にはいませんでしたが、
海から出て来ているという事もあり、もしかしたら今後展示されるかも?

また妖怪とは少し違うかもしれませんが、節分の日のイベントでは
飼育係が演じる鬼がガチすぎて子供たちが大泣きするという、
子供が集まる施設としてはありえないぶっ飛んだ事をしちゃってますw
これも気になる方はぜひ検索してみて下さい!
(大人には)笑えますので。

あと、シークレット妖怪として土佐のあの偉人もいたりますので、
どんな妖怪がいるのか探すのも楽しいかもしれません。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。