インドキンギョハナダイの性転換

TOJOファミリー

こんにちは。
レンタルアクアリウム『ゆーぴてるびゅう』の武藤です。

川崎市麻生区にレンタルしている海水魚水槽のインドキンギョハナダイがメスからオスに性転換しました。

ハナダイの仲間は性転換することで知られていますが、弊社では今回のインドキンギョハナダイの他に厚木市や町田市にレンタル中の水槽で性転換(オス化)したケラマハナダイを見ることができます。

これらハナダイの仲間は自然下では複数匹のメスの中にオスが1匹のハーレムを形成しており、そのハーレムからオスがいなくなるとメスの中から1匹が性転換してオスになります。


オスの場合、上の写真のように背びれの第3棘が長く伸びます。
また、腹びれや胸びれが少し黒くくすみます。
(ちょっと画像が荒くてスミマセン・・・・・)

インドキンギョハナダイを見た方は目の周りにアイシャドウが入っているように見え、かつ目元から斜め下に向けて赤系のラインが入っていることから歌舞伎役者のようなイメージを持たれるようです。

このように海水魚や熱帯魚には様々な生態・特徴を持ったものがいます。
口の中で子供を育てたり、砂の中にもぐって寝たり、卵ではなく幼魚の状態で出産したり・・・・・。

ぜひ水槽をレンタルして頂いてその目でその不思議を確かめて下さい。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。