干支に選ばれた理由

TOJOファミリー

こんにちは。
静岡のAqua design Blue’Sの佐久間です。

私は多くの生き物に関わって来た動物のプロとして、
様々な場所で生き物に関する小話をさせて頂く事があります。

新年を迎えましたので、それに関するお話しを少しだけ。

新年を迎えるに当たり誰もが気にするのは、
翌年の干支だと思います。
今年はネズミ年ですが、
年末になると年賀状にその動物を書いてみたり、
水族館や動物園では干支に関する生き物を
紹介していたりと干支になる動物たちは色々な場所で見かけます。

十二支いるこの動物たちは、どのようにして選ばれたのでしょうか?
それにはこのようなお話しがあります。

ある時、神様が動物たちを集めてこう話しをしたそうです。
「元日の朝、私のところに挨拶に来た順に
12番目までを毎年交代でその年のリーダーになってもらいます。」

その話を聞いた動物たち。
足の遅い牛は誰よりも早くに家を出て神様のところに向かいました。

神様の家に一番に着いたのはその牛でした。
門をくぐろうとしたところ、その背中にコッソリと乗っていた
ネズミが牛よりも先に神様の元に着いたので
干支の1番目はネズミ、2番目は牛になったそうです。

このお話しには裏話というのもあります。

犬や猿など有名な動物がたくさん選ばれている干支の中に
なぜか猫がいません。

その理由にもネズミが関係しています。

神様のお話しを聞いていなかった猫は、
ネズミにその話の内容を尋ねたそうです。

ネズミは意地悪をして、
元旦ではなく1月2日に神様の家に向かいなさいと
教えました。

教えられたとおりに1月2日に神様の元を
訪れた猫。

1日も遅れて来た猫に神様は大激怒!
「今まで寝ていたのか!?顔を洗って出直してきなさい!」

それ以来、猫は顔を頻繁に洗っているんだとか。

また、ネズミに嘘を教えられたと知った猫は、
それからネズミを見かけると追いかけまわすようになったそうです。

このお話しには他の動物たちにも細かい話があるのですが、
それは話が長くなるので今回はしません。
でも、この小話を細かく知っていると、
ちょっと干支が覚えやすくなったりもします。

残念ながら魚たちは登場して来ませんが、
興味がありましたら、ぜひ調べてみて下さいね!
(話の内容には諸説ありますが)

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。